賃貸の更新料金は違法ではありません。双方が納得して契約するものですので契約というのは重要なことです。
New Topics
賃貸マンションを借りる人が増加傾向にありますよ。

賃貸の更新料金は違法なのだろうか?

賃貸には契約期間があり、それを過ぎるとまた契約をし直すということになります。それは同じところに住み続ける場合でも新たに契約を交わすということを意味しているのです。しかし困ったことに契約更新時には更新料金が掛かるということが知られています。この更新料金は賃貸毎に額が違いますが、大体は払わないといけないということになっています。それは契約更新の条件として提示されているからだということが言えるでしょう。

ただ勘違いされているところとしては、この更新料という制度は不動産の慣習であるに過ぎないということです。別に法的な根拠がある訳ではありませんので、単に契約時に契約の条件として更新料というものが盛り込まれているということなのです。ですからその契約書にサインをした場合は当然に更新料を払いますという法的な根拠が出てきます。自分で認めてサインした場合は、それは当然お金を払うということを約束したことになります。

ですから更新料というのは違法ではなくて、双方が納得して契約するから発生するものだという認識が必要です。納得できない場合はサインをしないということが良いでしょう。そうは言っても不動産業界にはこの慣習が浸透していますので、更新料がないところは珍しいでしょう。この点で不満がある場合は大家さんと交渉するということが肝心です。

その他の記事

Copyright (C)2017賃貸マンションを借りる人が増加傾向にありますよ。.All rights reserved.