UR賃貸の存在意義や現状について有りのまま書きました。やや中途半端な存在であるというのは否めません。
New Topics
賃貸マンションを借りる人が増加傾向にありますよ。

UR賃貸の存在意義や現状

UR賃貸の存在というのはかなり特殊だと言えます。日本ではこういう団体が良く有りますが半官半民といったイメージで問題ありません。正確には独立行政法人という区分になりますが、ほとんど公務員団体と言っても間違いではないと思います。政府としては民間にしたいという形だと思いますが、無くすという訳にもいかないといったところです。仮に完全に民間企業にしたとすると、民業を圧迫する可能性は十二分にありますし、それだけ大きな法人であると言えます。

ただやはり経営状態は中途半端な感じなので良いという訳ではありません。むしろ赤字でその存在が問題になったりしています。結局は空き室がない前提で家賃設定されていたり、経営感覚がないということが原因のようです。UR賃貸は中所得者層に良い住宅を提供するという目的がそもそもありますので、それが果たして今の市場に必要なのだろうかという疑問は残ります。それをわざわざこの独立行政法人がやるべきなのかという点が中途半端と言われる理由です。しかも民間の不動産業者を微妙に圧迫しているという部分もありますので、どうも存在意義がよく分からないという声は多いと言えるでしょう。唯一役に立っていると言えば敷金礼金や保証人を用意できない人に住宅を提供しているということでしょうか。

その他の記事

近頃良く聞く賃貸に関わる話は、こちらのサイトを一度覗いて下さい

Copyright (C)2017賃貸マンションを借りる人が増加傾向にありますよ。.All rights reserved.