マンションなどの賃貸住宅に住むなら、何階を選ぶべきでしょうか?1階に住むメリットを確認してみましょう。
New Topics
賃貸マンションを借りる人が増加傾向にありますよ。

賃貸住宅に住むなら何階がいい?

賃貸の集合住宅といえば、アパートやマンションがあります。アパートの場合は2階建て物件になり、3階以上になると賃貸マンションになります。一つの賃貸物件に複数の空き部屋があると、どの部屋を選ぶか迷いますね。家賃や共益費、敷金などは一緒ですから、さまざまな条件で比較しながらベストな部屋を選ぶことになるでしょう。3階建ての賃貸マンションで1階、2階、3階に一部屋ずつ空き部屋があったら、どの部屋を選びますか?それぞれにメリットとデメリットがあるので、色々な角度から分析することになりますね。

1階の部屋に住むメリットといえば、何と言っても便利さでしょう。特に小さいお子さんがいると、外出する度に階段の昇り降りをするのは大変です。買い物した荷物を持ちながら子供の手も引かなければなりません。また、高齢の方が住む場合も2階や3階では大変ですね。膝の曲げ伸ばしが辛くなるので、できれば階段を昇らなくていい部屋の方がいいでしょう。また、部屋で子供を遊ばせるときも1階なら下を気にする必要がないので安心です。下に部屋があると、気になって仕方がないですね。ただ、1階はデメリットがないわけではありません。防犯面で1階を敬遠する方もいらっしゃいます。

その他の記事

近頃良く聞く賃貸に関わる話は、こちらのサイトを一度覗いて下さい

Copyright (C)2017賃貸マンションを借りる人が増加傾向にありますよ。.All rights reserved.