分譲と賃貸、どっちがいいのか?迷った時に参考にしてもらいたい、賃貸ならではの魅力をお伝えします。
New Topics
賃貸マンションを借りる人が増加傾向にありますよ。

賃貸住宅ならではのメリット

住まいを考える時、誰しもが考えるのは「分譲と賃貸、どちらがいいんだろう」という点ではないでしょうか。日本では持ち家思考が強く、家を買ってこそ一人前みたいな風潮が未だに強く根付いていると思いますが賃貸住宅ならではのメリットだってたくさんあるのです。

一番のメリットは、何と言っても『住み替えの自由がどこまでも効く』ということです。つまり、いつでもどこへでも「住み替え」ができるということです。間取り一つとっても、例えば子供が小さい時は家族全員で寝られる大きな寝室や、小さい子供を遊ばせられる和室のある家に住んで、子供が大きくなったら子供部屋が確保できる一般的な3〜4LDKに住んで、子供が独立したら個室は無くてもリビングの広い家に住んで・・とそれぞれのステージに合わせてフレキシブルに住み替えることが可能なのです。また、住む場所も自由です。子育て時代は安全で教育の充実した都心近郊に住んでいたとしても老後はアクセス便利な都心の駅近マンションかそれとも海の見える田舎で自給自足生活か・・様々な人生のステージにおいて、「今」ではなく「その時々に」自由に決めることができるというのはとても魅力があることだと思いませんか?現実には金銭的な制約はあるでしょうが、気分に合わせて新築の物件を渡り歩くことだって可能です。子供の進学に合わせて、学校の近くに引っ越すことだってできるでしょう。

この自由はとても素敵だと思います。もし今家を買ったら、生涯そこに縛られる覚悟が必要です。「家を買ったって、将来売って引越せばよい」と思うかもしれませんがそれはなかなか大変なことです。新築の家は建てた瞬間からその価値を落としていきます。特に、注文住宅で建てた一戸建ての場合は建売と違って一風変わった間取りになっていることも多く、そうなってくるとますます市場価値は低くなってしまうのです。このように賃貸にも、ならではのこんな大きなメリットがあるのです。ある程度の年齢になったら家を買って当たり前、そんな考えが覆される日が来るかもしれませんね。

その他の記事

近頃良く聞く賃貸に関わる話は、こちらのサイトを一度覗いて下さい

Copyright (C)2017賃貸マンションを借りる人が増加傾向にありますよ。.All rights reserved.