賃貸の連帯保証人の解除方法というのは一つしかないと言えます。保証人というのはそういう面で責任があります。
New Topics
賃貸マンションを借りる人が増加傾向にありますよ。

賃貸の連帯保証人を解除する方法

賃貸の連帯保証人を解除する方法というのは普通は一つしかありません。それは契約している本人が契約を賃貸の所有者と解約するということです。つまり本人が家賃滞納をしながら住み続けているという場合にはずっと連帯保証人に家賃の催促が来るという状態になります。こういう場合に連帯保証人が住んでいる本人と賃貸所有者との契約を解除しようとしても不可能であるということは注意した方が良いでしょう。

つまり家賃の滞納分を肩代わりしていて、これ以上は迷惑だということになっても本人が契約を解除しない限りはどうすることも出来ないということになります。これが連帯保証人の怖いところでもあります。この場合にどうするべきなのか、と言えばまず契約して住み続けている本人と話し合うということが一番良い方法です。契約が続いているということは本人がその賃貸に住み続けているということですから、そこに直接行けば良いことです。そして本人と一緒に不動産屋さんに行き契約解除するという形になるでしょう。ただ連帯保証人になったからには、滞納分の家賃は法律的には、本人が保証人に返済する義務というのはありませんので、そこも話し合いということになります。

その他の記事

Copyright (C)2017賃貸マンションを借りる人が増加傾向にありますよ。.All rights reserved.