賃貸の連帯保証人のリスクや、保証内容について説明しました。リスクはありますがそれ程大きいものではありません。
New Topics
賃貸マンションを借りる人が増加傾向にありますよ。

賃貸の連帯保証人になる場合

賃貸には連帯保証人が必要なところが多いです。いざ自分がなる場合は借りる人が問題を起こすと自分のところに最終的にくるということになります。まず家賃を滞納して払えないという場合は、最終的には連絡が来るでしょう。ただ、いきなり来るという訳ではありません。最初に契約する際に、敷金を払っていると思われますので、そういう場合は滞納分はまずはそこから充当されるという形になるでしょう。ただ一番困るのが、住んでいた人がいなくなるということです。

こうなると連帯保証人にへその人が、どこにいるのかということで連絡が来たりします。当然連絡が来ても分からない場合が多いですのでそういう場合は非常に困るでしょう。連帯保証人が保証すべき範囲というのはケースバイケースでしょうが、何年にも渡るような家賃滞納というのは無いと考えて良いです。それ以前に住んでいる人は住めなくなりますし、連帯保証人にも連絡が入るという形にはなっています。たまに一年くらい黙っているような大家もいて困るのですが、普通は早めに連絡が来ますので大事には至らないということになります。借金の連帯保証人に関しては非常にリスクがありますが、賃貸の場合はそれほど高いという訳ではありませんので、身内であれば何とか保証人になって上げたいところです。

その他の記事

Copyright (C)2017賃貸マンションを借りる人が増加傾向にありますよ。.All rights reserved.