住んでいる賃貸が競売に掛かった場合は注意が必要です。引越しも含めて新しいオーナーと交渉していきます。
New Topics
賃貸マンションを借りる人が増加傾向にありますよ。

住んでいる賃貸が競売に掛かったら引越しが無難です

住んでいる賃貸が時々、競売にかかるという場合があります。これを知った場合には引越しを考えた方が無難でしょう。それは新しいオーナーの方針が変わるからです。全く同じ条件で住めるならば良いでしょうが、競売ですので敷金が前のオーナーから回収不能という場合が多いです。これが一番痛いところでしょう。そして、すぐにではありませんが、賃貸から退去を求められることもありますので、いろいろと面倒なことになりがちです。

また新しく契約し直すということになりますので敷金と礼金をまた払うということにもなります。以前の契約関係は一旦解消されて、白紙に強制的にされるということを意味するのです。これは住んでいる人に落ち度はありませんが、非常に困るケースも多いです。一番良いパターンは新しいオーナーも賃貸業者で、今住んでいる人達にずっと住み続けて欲しいと考えているパターンです。そういう場合は敷金や礼金などの条件が緩和されますので、それ程高い金額を要求されることもなく、また同じように住めるという場合もあります。そうでなければ、やはり引越した方が良いケースの方が多いでしょう。オーナーがころころ変わるような状態の物件に住み続けるのは余計なトラブルが増えて非常に迷惑です。

その他の記事

Copyright (C)2017賃貸マンションを借りる人が増加傾向にありますよ。.All rights reserved.