賃貸のオーナーが変わる場合は新しいオーナーと契約をし直すという形になります。その際の注意点についてです。
New Topics
賃貸マンションを借りる人が増加傾向にありますよ。

賃貸のオーナーが変わった場合の対処

賃貸にはオーナーが必ず存在しています。大家さんと言った方が良いかもしれません。しかし時々、その大家さんが変わる場合があります。それは相続関係などで前のオーナーが手放すということです。こういう場合には新しく賃貸契約を結び直すという形になります。これは住んでいる人にとっては関係のない話なのですが、どうしてもオーナーの代替わりがあった場合は、物件の所有者が全く違う人になるということが多いです。

そうなると一番困るのが、賃貸の家賃が変わったり、方針が変わるということでしょう。流石にいきなり出て行ってくれと言われることはありません。仮に建て替えるから退去して下さいと言われても、それは法律的には住んでいる人の権利が保証されているので取りあえずは安心であると言えます。ただし新たに賃貸契約を結ぶ場合には敷金や礼金が必要になってくることがありますので、これは正直、困ると思います。以前のオーナーに払った敷金に関しては前のオーナーに請求すると戻ってくることになりますが、その人が破産状態であれば返金されないということもありえます。

そういったことで賃貸の所有者が競売にかけた場合は要注意でしょう。別にオーナーが変わったとしても問題はないのですが、敷金が戻ってこないと二重に敷金を払う必要が出てきますので、それが一番困るところです。

その他の記事

Copyright (C)2017賃貸マンションを借りる人が増加傾向にありますよ。.All rights reserved.