賃貸物件で引越しを考える場合、二重家賃の問題もありますがこれには有効な解決方法があります。
New Topics
賃貸マンションを借りる人が増加傾向にありますよ。

賃貸物件の二重家賃問題の解決方法

賃貸物件には二重家賃が発生するという問題もあります。これは、今住んでいる賃貸物件から新しく賃貸物件を借りて引越しをする場合に起きる可能性があります。例えば、今現在の住まいの契約終了日が今月末で、新しい住まいの契約開始日が今月の半ばだったとします。そうしますと、どちらにも家賃を支払わなければならないという問題が発生してしまいます。誰でも二重家賃の発生というのは望むものではありませんから、このような事態にならないようにしたいものです。

これの解決方法としては、第一に契約日をずらすということが考えられます。今月末に今現在の住まいが契約を終えるのですから、新しい住まいを来月の頭にするということです。これであれば二重家賃が発生することはありません。但し、引越しをどうするのかという問題も出てきます。契約終了日までには部屋の荷物などの全ては出さなければなりませんが、新しい住まいを契約していないのですから荷物を置いておく場所もありません。ですから、これはあまり現実的ではないかもしれません。もう一つの方法としては、新しい住まいの家賃発生日を交渉することです。契約日は今月の半ばであっても、実際に住むのは来月からなので、家賃の発生日は来月からにして欲しいとお願いをすることは有効な手段です。賃貸物件は空き家が増えてきている現状にありますので、大家さんも了承してくれることも多いようです。

その他の記事

Copyright (C)2017賃貸マンションを借りる人が増加傾向にありますよ。.All rights reserved.